葬儀後に行う資格停止の手続きはなるべく早く

葬儀後、亡くなった方が持っていたものの変更や、停止手続きが必要なものがたくさんあります。行うことはたくさんあるので、落ち着いてリストを作って一つひとつ片付けていきましょう。

手続きの代表的なものは、ほとんどが市役所などでできるものです。例えば、世帯主変更届や国民健康保険資格喪失届は14日以内に手続きしなければなりません。夫婦で住んでいた世帯主であった方が亡くなった場合に、遺された人が自動的に世帯主となるので届は必要ありません。遺された遺族が複数いる中で世帯主を変更しなければならないときに提出します。国民健康保険資格喪失届を提出する際は、申請をすると一定額が葬儀の際の葬祭費、埋葬料として支給されます。金額は一律なので同時に申請すると良いでしょう。

介護保険資格喪失届、後期高齢者医療資格喪失届も14日以内に手続きします。もし亡くなった方が会社に勤めていた場合は、会社を通して健康保険や、厚生年金保険被保険者資格喪失届を提出しなければなりません。ハローワークには、雇用保険の資格喪失届を提出しますが、会社を通すので遺族が行うことは少ないです。会社の方に必要な書類を聞き早めに提出します。

葬儀後、何度か会社に出向くことも必要かもしれません。亡くなった方の私物整理なども行います。すぐに済まさなければならない手続きを行った後、もう少し時間の余裕があるものの整理を行います。運転免許証、パスポートなども失効手続きや返納を行います。亡くなってから15日以内に届けるようになっています。