葬儀を見据えた上で今できること

葬儀後に行うことの順番を見ると、意外と多くの事柄があると感じたのではないでしょうか。人が亡くなると、現実問題としてまとまったお金がすぐに必要になったり、ゆっくり相談する時間もなく、すぐに行わなければならないことが一気にやってきます。元気なうちにこれからのことを話し合っておくことは大切です。自分のためだけではなく、遺される人たちにとっても大事なことです。最近では終活という言葉もよく耳にするようになりました。希望する葬儀のかたちがあれば、それも伝えておくと良いでしょう。

銀行の預金などは届け出をした時点ですぐに凍結されてしまうので、必要な金額を相談して、生きているうちにあらかじめ引き出して用意するという選択肢もあります。元気なうちに遺書を用意しておくと、遺された人が順調に手続きが行えるようにすることもできるかもしれません。葬儀のことなどあまり考えたくない、という人がほとんどですが、事前の準備はとても役に立ちます。長生きが当たり前になっている世の中、亡くなった人はもちろん、遺された遺族もかなり高齢になっていて、費用などの支払いが難しくなることが予想されます。

葬儀プランとして事前に積み立てたり、葬式のための預貯金を別に行っておくことは現実的で大切なことです。自分には遺産などない、と思うかもしれませんが、預貯金や自動車など何らかの財産は誰にでもあるものです。書き出してみると、かなりの項目があることに驚くかもしれません。葬儀を見据えて計画を立てることを考えてみてはいかがでしょうか。